ホーム » お知らせ » JSPS日本人研究者交流会 2018年度冬を開催しました。

  

JSPS日本人研究者交流会 2018年度冬を開催しました。

1 日時  2019年2月2日(土)午後2時00分~午後6時30分

2 場所  DAVID BROWER CENTER

 

JSPSサンフランシスコ研究連絡センターでは、2月2日に日本人研究者交流会2018年度冬を開催しました。

本交流会は、米国において活躍されている日本人研究者の方々の分野を越えた交流を促進し、必要な情報を得たり友好を深めていくことを通じて、研究活動をより一層充実させていくことを目的に、年に2回開催しております。交流会には米国でPIとして活躍されている研究者、客員研究員、大学教職員、ポスドク、大学院学生、企業研究者など総勢80名の方にご参加いただきました。

基調講演では、カリフォルニア大学サンフランシスコ校教授の佐野俊二先生をお迎えし、「夢を追って!」というテーマでご講演をいただきました。講演では、佐野先生のご専門の手術や再生医療の臨床応用についてご紹介頂くとともに、佐野先生のこれまでの挑戦についてお話いただきました。海外で多くの経験を積まれて日本に帰国されてからは、日本の小児心臓外科分野を牽引し、日本の心臓外科術、心機能回復のための再生医療を世界トップレベルに発展させてこられました。講演最後には、会場に向けて、夢の実現のためには努力が不可欠であるとの力強いメッセージを送られ、盛況のうちに講演会は終了しました。質疑応答の時間では、アカデミックなものから若手医師のキャリアパス、手術が上手くなるコツなど幅広い質問がなされました。

会の冒頭には、JSPS Bridge Award (http://jspsusa.org/wp/bridgeaward/)の第2回授賞式を執り行いました。JSPS Bridge Awardは、アメリカにおける大学等の研究機関に所属し優れた研究活動を行っている日本人研究者の日本への一時帰国を支援し、日米の国際研究協力を推進するとともに、国際的な研究環境で活躍する若手研究者の育成を促進することを目的に、JSPSの2つの米国研究連絡センター共同事業として創設されたものです。今年度は、井上尊生氏(Professor, School of Medicine, Johns Hopkins University)、平貴昭氏 (Associate Research Seismologist, Berkeley Seismological Laboratory, University of California, Berkeley)のお二人が受賞しました。授賞式では、JSPSワシントン研究連絡センターの平田光司センター長及び当センターの田宮徹センター長から受賞者に賞状・記念品が授与され、続いて受賞者2名による研究紹介が行われました。

続く懇親会は、日本人研究者に加え、JSPSの事業を通じて渡日経験のある米国大学所属のJSPS Alumniにも参加いただき、日米の研究者の研究分野を超えた意見交換、交流、ネットワークづくりの場として、実り多い会となりました。

来年度もJSPS日本人研究者交流会は夏と冬の2回、ベイエリアで開催予定です。

佐野先生の講演

JSPS Bridge Award授賞式

集合写真