ホーム » お知らせ

カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

  

【開催案内】JSPS日本人研究者交流会(5/25)

当センターでは、当地で活躍されている日本人研究者の方々の分野を越えた交流の場として日本人研究者交流会を年2回バークレー近郊で開催しておりますが、この度初めてスタンフォード大学にて開催する運びとなりました。会には、睡眠研究の第一人者で、スタンフォード大学医学部教授/生体リズム研究所長の西野精治氏をお招きして講演会を実施いたします。

パロ・アルト、シリコンバレー周辺の皆様におかれましても奮ってご参加いただけますと幸いです。

準備の都合上、参加を希望される方は、以下【3.参加方法】に従って参加登録をお願いします。

《日本人研究者交流会@Stanfordについて》

1.日時等

○日時:2019年5月25日(土)16:30~17:00 ネットワーキング
                17:00~19:00 講演

○会場:Stanford University (3165 PorterDr. 部屋番号2200, Palo Alto, 94303)

○参加費:無料
※会場までの交通費・宿泊費等は各自負担願います。
※無料の駐車場が建物の裏にございます。

○講 演:西野 精治氏(スタンフォード大学医学部教授/生体リズム研究所
「スタンフォード式最高の睡眠(熟睡の習慣)」

2.参加対象者

○米国滞在中の大学・研究機関・企業に所属している日本人研究者
※多様な日本人研究者の交流の場を目的としていますので、JSPSのフェローシップ等による支援を受けているか否かは問わず、どなたでも参加可能です。また、日本での所属、所属先での地位・立場等も問いません。

○研究関係業務に携わる日本人(非研究者)

3.参加方法

○会場のキャパシティの関係で、誠に勝手ながら定員(40名程度)になり次第、参加申込みを終了させていただきます。

以下参加登録サイトから出欠登録をお願いします。
登録サイト:https://forms.gle/kWdXZiHd2MkdiCyb9

4.その他

○より多くの方々に参加していただきたいので、お近くに参加対象となる方がいらっしゃいましたら、本イベントについて広くご紹介いただければ幸いです。

○当センターの情報については、HPに掲載しております。(http://www.jspsusa-sf.org/

ご不明な点等ございましたら、下記までご連絡ください。

 

—————————————————————————

日本学術振興会
サンフランシスコ研究連絡センター 担当 宮田
JSPS San Francisco Office
Phone:  +1-510-665-1890
Email:  webmaster@jspsusa-sf.org
Website:  http://www.jspsusa-sf.org/

—————————————————————————

第35回国際生物学賞受賞候補者の推薦について/Call for Nominations for the 2019 (35th) International Prize for Biology

English follows the Japanese text.

このたび、第35回国際生物学賞受賞候補者の推薦受付を開始しましたので、ご案内いたします。

国際生物学賞は、昭和天皇のご在位60年と長年にわたる生物学のご研究を記念するとともに、本賞の発展に寄与されている今上天皇の長年にわたる魚類分類学(ハゼ類)の御研究を併せて記念し、生物学の奨励を目的とした賞です。日本学術振興会は国際生物学賞委員会(委員長:井村裕夫 日本学士院幹事)の事務局を務めております。

本賞は、毎年生物学の授賞分野を選定の上、世界各国から寄せられた推薦の中から、当該分野の研究において優れた業績を挙げ、世界の学術の進歩に大きな貢献をした研究者を選考して、授賞しています。

つきましては、受賞候補者をご推薦いただきたく、よろしくお願いいたします。推薦方法の詳細は以下の通りです。

 

<第35回国際生物学賞>

授賞対象分野:昆虫の生物学

推薦方法:日本学術振興会のウェブサイト(http://www.jsps.go.jp/j-biol/nomination.html)にアクセスし、国際生物学賞電子推薦受付フォーム(“NOMINATION FORM”)に必要事項を英文でご記入の上、同サイトにあるフォームから作成した“Nominee Achievement Form”をアップロードしてください。

 ※上記ウェブサイト以外からのご推薦を希望される場合は下記担当までご連絡ください。

締 切:平成30年4月19日(金)

詳細は、以下のウェブページにも掲載しています。

http://www.jsps.go.jp/j-biol/index.html

 

担当:

独立行政法人日本学術振興会  国際生物学賞事務局

メールアドレス:ip-biology@jsps.go.jp

—————————

The Call for Nominations of 2019 (35th) International Prize for Biology was opened.

The International Prize for Biology is a commemorative prize to celebrate the sixty-year reign of Emperor Showa and his longtime devotion to biological research. It also pays tribute to the present Emperor, His Majesty, Emperor Akihito, who has striven for many years to advance the study of gobioid fish taxonomy while contributing continuously to the developing of this Prize.

Based on nominations gathered from around the world, the Prize is awarded annually to a researcher who has made an outstanding contribution to make advance in biological sciences.

The research field of this year’s Prize is “Biology of Insects.” In this regard, I would like to invite you to nominate a recipient for the 2018 Prize. Please go to the International Prize for Biology Awards page at the Japan Society for the Promotion of Science website (http://www.jsps.go.jp/english/e-biol/nomination.html), download the nomination format, type the necessary information in English in the prescribed forms and send them to the secretariat by e-nomination form.

 

-2019 (35th) International Prize for Biology-

The research field of the 2019 Prize: Biology of Insects

Deadline: April 19, 2019

Please find the details about the Prize on our website: http://www.jsps.go.jp/english/e-biol/index.html

Thanking you for your kind cooperation and we look forward to receiving an excellent nomination from you.

Contact:

Secretariat of the Committee on the International Prize for Biology

Japan Society for the Promotion of Science

Email: ip-biology@jsps.go.jp

第16回(平成31年度(2019年度))日本学術振興会賞推薦募集について

日本学術振興会では、研究者養成事業の一環として、「日本学術振興会賞」を設け、優れた若手研究者を顕彰しています。

この賞は、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的としています。

(本賞は、海外在住の日本国籍を有する研究者も対象としています。また、海外在住の日本国籍を有する研究者からの個人推薦も受け付けています。)

受付期間:平成31年4月4日(木)~9日(火)17:00

対象分野:人文学、社会科学及び自然科学にわたる全分野

対象者 :45歳未満の博士号取得者(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研究能力を有する者を含む)

※詳しくはHPをご覧ください。

◆日本学術振興会賞ページ(URL)

https://www.jsps.go.jp/jsps-prize/index.html

日本人研究者コミュニティ連絡会を開催しました

日時: 2019年2月2日(土)午後12時00分~午後1時30分

場所: DAVID BROWER CENTER Kinzie Room

 

JSPSサンフランシスコ研究連絡センターでは、2月2日に日本人研究者コミュニティ連絡会を開催しました。米国西海岸にある日本人研究者コミュニティの連携を促進するため、隔年で開催しているものです。

今回は、主に日米研究者の流動性を高め、アカデミックな交流を促進するために必要なことについて議論しました。
特に、米国在住の日本人研究者が抱えている問題について情報共有し、日本人研究者の留学を阻む要因がどこにあるのか意見交換をしました。

各コミュニティの代表者からの主なご意見は以下をご参照ください。

日本人研究者コミュニティ連絡会における主な意見

 

 

JSPS SF 15th Anniversary Event “World Premier Research in Japan” サンフランシスコ研究連絡センター設立15周年記念イベント “World Premier Research in Japan”を開催しました。

On January 24 and 25, JSPS San Francisco (JSPS SF) held the symposium, “World Premier Research in Japan” at University of California, Berkeley and Stanford University. This event commemorated JSPS SF’s 15th anniversary while also highlighting Japan’s Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology’s (MEXT) World Premier International Research Center Initiative (WPI).

Since its establishment in 2003, JSPS SF has been supporting exchange between Japanese and American researcher communities. This includes holding various academic symposia and acting as a hub for the West Coast offices of many Japanese universities and their networking activities. With the recent emphasis on interdisciplinary research and research at scale, the exchange of ideas and brainpower between institutions and countries is now more essential than ever. Throughout its 15-year history, JSPS SF has strived to provoke creativity and innovation with its symposia. These events also provide US-based researchers with opportunities to network and strengthen ties with scholars from Japan (JSPS SF 15th Anniversary milestones (co-organaized symposia in the US)).

In celebration of JSPS SF’s 15th anniversary, four WPI Centers (Kavli IPMU, AIMR, I2CNER and ITbM), presented some of their research to audiences at UC Berkeley and Stanford University. The WPI Centers are examples of highly internationalized research institutions with best–in-class research achievements. The two-day event had a total of 110 attendees, including researchers, students and individuals from the private sector.

Following JSPS Governing Director Mr. Noriyoshi Masuko and JSPS SF Director Dr. Toru Tamiya’s opening remarks, Consul-General of Japan in San Francisco Mr. Tomochika Uyama, Director of the US-Asia Technology Management Center at Stanford University Dr. Richard Dasher (A WPI’s Program Committee member since 2007) and  President of JUNBA (Japanese University Network in the Bay Area) Mr. Tomohisa Koyama gave congratulatory addresses. Dr. Dasher emphasized the competitive selection process under which the WPI centers were established and how these institutes empower young researchers starting out in their careers.

The presentations from the WPI centers covered a wide variety of fields such as astrophysics, materials science, energy and biology. The WPI Directors introduced their centers while other representatives from the centers introduced some of their research. In addition to introducing their impressive achievements, the institutes elaborated on their internationalized research environments and efforts to strengthen interdisciplinary research. Presentations were made by Kavli IPMU’s Dr. Hitoshi Murayama (Founding Director) and Dr. Khee-Gan Lee (Project Assistant Professor), AIMR’s Dr. Motoko Kotani (Director) and Dr. Tomoteru Fukumura (Professor), I2CNER’s Dr. Petros Sofronis (Director) and Dr. Toshinori Matsushima (Associate Professor), and ITbM’s Dr. Tsuyoshi Matsumoto, (Administrative Director) and Dr. Naoyuki Uchida (Designated Associate Professor) . Their presentations covered topics such as collaboration with universities and researchers in the US, the creation of new materials, technology transfer, and practical applications to the medical and agricultural fields. They drew a sizable audience from Silicon Valley and the larger San Francisco Bay Area who enjoyed expanding their networks during the Q&A sessions and networking receptions.

JSPS SF would like to thank the four participating WPI Centers, the Center for Japanese Studies, UC Berkeley, the US-Asia Technology Management Center, Stanford University, Consulate-General of Japan in San Francisco, Japan External Trade Organization (JETRO) San Francisco Office and JUNBA, without whom this symposium would not have been possible.

——————-

日時:2019年1月24-25日(木-金)13:30-19:00
場所:

1月24日:International House, Ida & Robert Sproul, University of California, Berkeley (2299 Piedmont Avenue, Berkeley, CA 94720)

1月25日:Paul G. Allen Building, 101X Auditorium, Stanford University (330 Serra Mall, Stanford, CA 94305)

後援・協力:Center for Japanese Studies, University of California, Berkeley

US-Asia Technology Management Center, Stanford University

在サンフランシスコ日本国総領事館

(独)日本貿易振興機構(JETRO)サンフランシスコ事務所

サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携ネットワーク(JUNBA)

世界トップレベル研究拠点プログラム(WPIプログラム)

サンフランシスコ研究連絡センターでは、センター設立15周年を記念し、世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)の協力の下、カリフォルニア大学バークレー校及びスタンフォード大学においてJSPS SF 15th Anniversary Event「World Premier Research in Japan」を開催しました。

サンフランシスコ研究連絡センターは、2003年の設立以来、日本の大学の米国西海岸拠点ネットワークの事務局としてその活動を支援しながら、日米の学術交流・学術研究発展のために様々な学術イベントを企画、実施してきました。近年では、分野横断的な融合研究が重視されるようになり、国内外の研究機関が連携し、研究者交流や共同研究を推し進めていくことがこれまで以上に不可欠となっています。当センターは、設立以来15年間で主催・共催した多数の学術シンポジウムを通じ、米国を拠点とする研究者と日本の研究者とのネットワーク構築、関係強化の手助けをするとともに、新たなアイディアを呼び起こす触媒的な役割を担ってきました(JSPS SFにおける15年間の主な共催シンポジウム)。

今回のシンポジウムでは、日本で最も国際化が進み、かつ、高い研究成果を挙げている代表例であるWPI拠点から4拠点(Kavli IPMU、AIMR、I2CNER、ITbM)を御招きして講演をいただきました。当日は、研究者、学生、企業関係者を含め2日間で計110名の皆様に参加いただきました。

WPI拠点からの講演は、天文物理、材料科学、エネルギー、生物学など幅広い研究分野にわたっており、各拠点の世界的に卓越した研究成果や国際化された研究環境、融合研究の紹介に加え、主任研究者や若手研究者から実際の研究内容を紹介いただきました。Kavli IPMUからは村山斉初代拠点長とKhee-Gan Lee特任講師、AIMRからは小谷元子拠点長と福村知昭教授、I2CNERからはペトロス・ソフロニス拠点長と松島敏則准教授、ITbMからは松本剛事務部門長と打田直行特任准教授から講演いただきました。

講演では、米国大学・研究者との連携や、新材料研究、企業への技術移転、医療や農業への活用等についてもお話があり、シリコンバレーにも近いベイエリアにおいて多くの参加者の関心を集めるとともに、講演後のQ&A及びネットワークレセプションにおいて参加者との交流を深めました。
最後になりますが、この場をお借りして、ご来場の皆様、WPI拠点の皆様、ご後援・ご協力いただいたCenter for Japanese Studies, University of California, Berkeley、US-Asia Technology Management Center, Stanford University、在サンフランシスコ日本国総領事館、(独)日本貿易振興機構(JETRO)サンフランシスコ事務所、サンフランシスコ・ベイエリア大学間連携ネットワーク(JUNBA)に改めて厚くお礼を申し上げます。

Picture UCBPicture Stanford

JSPS日本人研究者交流会 2018年度冬を開催しました。

1 日時  2019年2月2日(土)午後2時00分~午後6時30分

2 場所  DAVID BROWER CENTER

 

JSPSサンフランシスコ研究連絡センターでは、2月2日に日本人研究者交流会2018年度冬を開催しました。

本交流会は、米国において活躍されている日本人研究者の方々の分野を越えた交流を促進し、必要な情報を得たり友好を深めていくことを通じて、研究活動をより一層充実させていくことを目的に、年に2回開催しております。交流会には米国でPIとして活躍されている研究者、客員研究員、大学教職員、ポスドク、大学院学生、企業研究者など総勢80名の方にご参加いただきました。

基調講演では、カリフォルニア大学サンフランシスコ校教授の佐野俊二先生をお迎えし、「夢を追って!」というテーマでご講演をいただきました。講演では、佐野先生のご専門の手術や再生医療の臨床応用についてご紹介頂くとともに、佐野先生のこれまでの挑戦についてお話いただきました。海外で多くの経験を積まれて日本に帰国されてからは、日本の小児心臓外科分野を牽引し、日本の心臓外科術、心機能回復のための再生医療を世界トップレベルに発展させてこられました。講演最後には、会場に向けて、夢の実現のためには努力が不可欠であるとの力強いメッセージを送られ、盛況のうちに講演会は終了しました。質疑応答の時間では、アカデミックなものから若手医師のキャリアパス、手術が上手くなるコツなど幅広い質問がなされました。

会の冒頭には、JSPS Bridge Award (http://jspsusa.org/wp/bridgeaward/)の第2回授賞式を執り行いました。JSPS Bridge Awardは、アメリカにおける大学等の研究機関に所属し優れた研究活動を行っている日本人研究者の日本への一時帰国を支援し、日米の国際研究協力を推進するとともに、国際的な研究環境で活躍する若手研究者の育成を促進することを目的に、JSPSの2つの米国研究連絡センター共同事業として創設されたものです。今年度は、井上尊生氏(Professor, School of Medicine, Johns Hopkins University)、平貴昭氏 (Associate Research Seismologist, Berkeley Seismological Laboratory, University of California, Berkeley)のお二人が受賞しました。授賞式では、JSPSワシントン研究連絡センターの平田光司センター長及び当センターの田宮徹センター長から受賞者に賞状・記念品が授与され、続いて受賞者2名による研究紹介が行われました。

続く懇親会は、日本人研究者に加え、JSPSの事業を通じて渡日経験のある米国大学所属のJSPS Alumniにも参加いただき、日米の研究者の研究分野を超えた意見交換、交流、ネットワークづくりの場として、実り多い会となりました。

来年度もJSPS日本人研究者交流会は夏と冬の2回、ベイエリアで開催予定です。

佐野先生の講演

JSPS Bridge Award授賞式

集合写真

2018 CJS-JSPS International Symposium“Crip Tech: Disability, Technology, Architecture, and Design in Japan and the US”

Technology has the potential to greatly improve access and allow for the full participation of disabled individuals in society. Both Japan and the US have invested considerable sums in this effort, but often research is conducted apart from key stakeholders.

To discuss these issues, JSPS San Francisco (JSPS) and the Center for Japanese Studies (CJS) at the University of California, Berkeley (UCB) held a joint symposium titled “Crip Tech: Disability, Technology, Architecture, and Design in Japan and the US” at the David Brower Center in Berkeley on December 7 and December 8.

This symposium brought technologists, anthropologists, engineers, activists, educators, and other researchers working at the nexus of technology, access, and design together for a two-day symposium in Berkeley, the home of the independent living movement. The majority of the participants identify as disabled people.

The symposium started with opening remarks from Dana Buntrock, Chair of CJS. Toru Tamiya, Director of JSPS SF, also gave some context and background to the theme presented by Dr. Karen Nakamura, the organizing chair from UCB.

Each speaker gave a 20 minute presentation on their current research. Afterwards the speakers took comments and questions from the audience. The symposium also included a screening of two documentary movies, “Deej” and “Fixed”. The director and casts of these films then participated in a panel discussion on its production.

Finally, Dr. Karen Nakamura, the organizing chair of the symposium, presented the “CripTech Manifesto version 0.1” arguing that the “CripTech movement” needs to be inclusive and take a holistic view of disability.  Dr. Nakamura drew attention to three specific concepts relating to the event’s theme:

  1. One needs to understand disability’s intersections with poverty, gender, sexuality racialized minoritization, access to healthcare and housing along with the effects of trauma, war, and dislocation
  2. No one can understand or speak for all disabilities and no one can understand or speak for all variations of their own disability.
  3. We cannot deem some disabilities “bad” that are not discussed (addiction and fatness being two examples of marginalized groups within the disabled community).

The symposium was a successful collaboration between the research communities in Japan and the US and bodes well for the potential future joint efforts in this exciting and important field.

JSPS, San Francisco will continue to support such symposia while maintaining its close relationship with UCB and CJS.

 

JSPSサンフランシスコ研究連絡センターでは、カリフォルニア大学バークレー校日本研究センターとの共催シンポジウム “Crip Tech: Disability, Technology, Architecture, and Design in Japan and the US”を2018年12月7日(金)、12 月8日(土)に開催しました。

日本の学術情報の発信、日本の大学の国際化支援、若手研究者への国際研鑽機会の充実を目的に当センターではシンポジウムを年数回開催しています

今回のシンポジウムについてカリフォルニア大学バークレ校教授の中村カレン氏が中心となり、障がい者支援に携わる日米の学者、技術者、研究者、活動家、及び当事者を招聘し障がい者支援に関する研究、社会実践等についての情報提供が行われ、日米の障がい者支援についての理解を深めることを目的に開催されました。ご参加ご協力をいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

Research in Japan @ University of California, Davis (November 27) 事業説明会を開催しました

JSPS San Francisco held a fellowship information and networking session at University of California, Davis (November 27). With the generous help of Jennie Konsella-Norene (Assistant Director, Global Professional Programs/Administrative Director, Mandela Washington Fellowship Global Affairs), participants came to learn about the JSPS’s fully-funded fellowships for research in Japan and to connect with fellow researchers.

The sessions drew a variety of researchers at different career stages from different fields, including late-term doctoral students, postdocs and faculty members.

JSPS also thanks the member from the Japanese Universities Network of the Bay Area (JUNBA), Yoichi Aizawa (Executive Director, San Francisco Office, WASEDA USA) for introduction of Waseda university and participation in the short networking event following the session. Their participation added depth to the discussion as they were able to share viewpoints about the state of research in Japan and make connections that could lead to international and interdisciplinary research collaborations.

 

JSPS San Francisco will continue to hold regular networking info sessions at universities around the Bay Area. All interested researchers are welcome to attend.

For more information about upcoming info sessions, as well as fellowship eligibility, and other details, please contact the JSPS San Francisco Office: fellowships@jspsusa-sf.org or visit us at our website: http://www.jsps.go.jp/english/e-fellow/

 

JSPSサンフランシスコ研究連絡センターでは11月27日にカリフォルニア大学デービス校で事業説明会を開催し、研究者、学生の方々にご参加いただきました。ご参加、ご協力誠にありがとうございました。

 

The Symposium“Harnessing Physical Forces for Medical Applications” in University of California, Los Angeles

On November 15 and 16, JSPS and UCLA cosponsored the symposium, “Harnessing Physical Forces for Medical Applications” in cooperation with Kyoto University, the UCLA Jonsson Comprehensive Cancer Center, the Clinical and Translational Sciences Institute (CTSI), the David Geffen School of Medicine, and the Office of Interdisciplinary & Cross Campus Affairs (ICCA).

The symposium brought researchers from both Japan and the U.S. to present their research and promote academic exchanges between the two countries. During the two day symposium participants discussed the convergence of physical sciences, nanomaterials, the nanobio interface and biomedical sciences. Dr. Fuyuhiko Tamanoi (UCLA/Kyoto University), the organizing chair, said the purpose of this symposium was to bring together scientists from diverse fields to discuss critical issues and translational potential while furthering cross pollination between disciplines.

The symposium covered some of the following topics:

  • Physical forces: beams, particles, light, magnetic field, and sound.
  • Physical forces and cancer therapy: boron neutron capture therapy, and monochromatic X-ray radiation.
  • Imaging: MRI, PET, single molecule imaging, and cryoEM.
  • Nanomaterials: Stimuli-responsive nanomaterials.
  • How Physical force is used in biology: contractile nanotube system, and cell surface and membrane.
  • How cells and organs interface with nanomaterials.
  • New industry and commercial development: innovation, and medical instrumentation.

Throughout the two day event presenters took a variety of comments and questions. Hopefully the experience will provide researchers with food for thought and help inspire the future development of their research field going forward. JSPS will continue to support such academic symposia that helps strengthen international cooperative networks.

   

 

The Symposium “World Premier Research in Japan”(24,25 January 2019)

 

  • About Event

Since its establishment in 2003, the Japan Society for the Promotion of Science’s San Francisco Office (JSPS SF: http://www.jspsusa-sf.org/index.php) has been supporting exchange between the Japanese and American researcher communities while acting as a hub for Japanese universities’ West Coast offices and their networking activities. This 15th anniversary event is to highlight the achievements of the international research centers established by the World Premier International Research Center Initiative (WPI). These globally visible research centers focus on a wide range of fields such as energy, chemistry, plant biology and astrophysics. This 15th anniversary event goes for two days. The program will be followed by networking receptions at the end of each day.

This event is FREE and open to the public. To register, click here

  • Date & Venue

Day 1
Thursday, 24 January 2019 | 1:30 pm – 7:00 pm
International House, University of California, Berkeley
2299 Piedmont Avenue Berkeley, CA 94720

Day 2
Friday, 25 January 2019 | 1:30 pm – 7:00 pm
Paul G. Allen Building, 101X Auditorium, Stanford University

330 Serra Mall, Stanford, CA 94305
Note: ・Networking reception will start 5:30 pm.

・The same program is planned on each date.

・The plan might be changed in the future.

 

  • Participating Japanese Universities

Kavli IPMU | The University of Tokyo
“Cross-Disciplinary Research Center for Addressing the Origin and Evolution of the Universe”
https://www.ipmu.jp/

AIMR | Tohoku University
“Aiming to Establish a Premier Research Center for Materials Science”
https://www.wpi-aimr.tohoku.ac.jp/en/index.html

I²CNER | Kyushu University
“The Grand Highway for a Carbon-Neutral Energy Fueled World”
http://i2cner.kyushu-u.ac.jp/en/

ITbM | Nagoya University
“Changing the World with Molecules: Synthetic Chemistry and Plant/Animal Biology”
http://www.itbm.nagoya-u.ac.jp/

 

  • Topics  | Speakers

(1) Kavli IPMU
– Kavli IPMU | Founding Director/Principal Investigator,  Hitoshi Murayama
– Lyman-Alpha Forest Tomography: Mapping the Shadows of the Cosmic Web at High Noon | Project Assistant Professor, Khee‐Gan Lee
(2) AIMR
– Materials research in the digitalized society | Director/Principal Investigator, Motoko Kotani
– Oxide electronics: converting insulators into electronic materials  | Professor/Principal Investigator, Tomoteru Fukumura
(3) I²CNER
– Engineering Carbon‐Neutral Energy Solutions and Cultural Bridges Across the Pacific  | Director/Principal Investigator, Petros Sofronis
– Efficient and Stable Metal Halide Perovskite Solar Cells  | Associate Professor, Toshinori Matsushima
(4) ITbM
– Institute of Transformative Bio‐Molecules (ITbM): Changing the World with Molecules  | Administrative Director/ Designated Professor, Tsuyoshi Matsumoto
– A bump-and-hole strategy toward freehand manipulation of plant hormone signaling  | Designated Associate Professor,  Naoyuki Uchida

 

  • Inquiries

Have questions about World Premier Research in Japan (JSPS)? Contact JSPS San Francisco. Email: webmaster@jspsusa-sf.org

  • RSVP

Please RSVP on our event website: https://goo.gl/forms/eLllE3MirXpLRPrl1

 

 

【開催案内】JSPS日本人研究者交流会(2/2)

当センターでは、毎年、米国において活躍されている日本人研究者の方々の分野を越えた交流を促進し、必要な情報を得たり、友好を深めたりすることを通じて、研究活動を一層充実させていただくことを目的に、交流会を開催しております。

この度、下記の日程で、当センター主催「日本人研究者交流会 2018年度冬」を開催いたします。小児心臓外科医として第一線でご活躍の佐野俊二氏(UCサンフランシスコ校教授)の基調講演及び懇親会等の実施を予定しております。

より多くの日本人研究者の方々にご参加いただくことで、より刺激的で実り多い場としたいと考えておりますので、奮ってご参加いただけますと幸いです。

参加を希望される方は、以下【3.参加方法】に従って参加登録をお願いします。

《日本人研究者交流会 2018年度冬について》

1.日時等

○日時:2019年2月2日(土)14:00~17:00(その後懇親会(18:30終了予定))

○内容:講演、懇親会等

○会場:DAVID BROWER CENTER (2150 Allston Way Berkeley, CA 94704)

○参加費:無料(但し、懇親会に参加される方は、懇親会費$10)

※会場までの交通費・宿泊費等は各自負担願います。

※会場に駐車場はありませんので、近隣の駐車場をご利用ください。

○講演者:佐野俊二氏 (Professor of Surgery, University California San Francisco)

○講演タイトル:夢を追って!

 

2.参加対象者

○米国滞在中の大学・研究機関・企業に所属している日本人研究者

(※多様な日本人研究者の交流の場を目的としていますので、日本人の方については、大学院学生以上の研究者であればどなたでも参加可能です。JSPSのフェローシップ等による支援を受けているか否かは問わず、また、日本での所属、所属先での地位・立場等も問いません。)

○研究関係業務に携わる日本人

○JSPS事業で渡日経験のある日本人以外の研究者

 

3.参加方法

○出欠登録【締切2019年1月15日(火)】

以下参加登録サイトから出欠登録をお願いします。

 

登録サイト:

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeD5oEDzaiHzqN9WqZ1NkokaIv3PJMuOR_TQ7rOgXNx7-Ryfw/viewform

ご不明な点等ございましたら、下記までご連絡ください。

—————————————————————————

日本学術振興会

サンフランシスコ研究連絡センター 担当 濱嶋

JSPS San Francisco Office

Phone:  +1-510-665-1890

Email:  gathering@jspsusa-sf.org

Website:  http://www.jspsusa-sf.org

—————————————————————————

Research in Japan @ University of California, Irvine (November16) 事業説明会を開催しました

JSPS San Francisco held a fellowship information and networking session at the University of California, Irvine. With the generous help of Mary Frances Ypma-Wong (Office of Postdoctoral Affairs (OPA) Graduate Division, University of California, Irvine), participants came to learn about the JSPS’s fully-funded fellowships for research in Japan and to connect with fellow researchers.

The sessions drew a variety of researchers at different career stages from different fields, including late-term doctoral students, postdocs and faculty members.

The JSPS appreciate alumni Suzanne A. Blum (Professor, Department of Chemistry, University of California, Irvine) for sharing her experience researching in Japan on a JSPS fellowship. Her talk was the highlight of the session, providing valuable insight through his first-hand experience.

 

JSPS San Francisco will continue to hold regular networking info sessions at universities around the Bay Area. All interested researchers are welcome to attend.

For more information about upcoming info sessions, as well as fellowship eligibility, and other details, please contact the JSPS San Francisco Office: fellowships@jspsusa-sf.org or visit us at our website: http://www.jsps.go.jp/english/e-fellow/

 

JSPSサンフランシスコ研究連絡センターでは11月16日にカリフォルニア大学アーバイン校で事業説明会を開催し、研究者、学生の方々にご参加いただきました。ご参加、ご協力誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

Research in Japan @ University of California, Los Angeles (November 15) 事業説明会を開催しました

JSPS San Francisco held a fellowship information and networking session at the University of California, Los Angeles. With the generous help of Shannon Yu (Fellowships and Financial Services, UCLA) and Fuyuhiko Tamanoi(Department of Microbiology, Immunology, & Molecular Genetics, UCLA), participants came to learn about the JSPS’s fully-funded fellowships for research in Japan and to connect with fellow researchers.

The sessions drew a variety of researchers at different career stages from different fields, including late-term doctoral students, postdocs and faculty members.

JSPS San Francisco will continue to hold regular networking info sessions at universities around the Bay Area. All interested researchers are welcome to attend.

For more information about upcoming info sessions, as well as fellowship eligibility, and other details, please contact the JSPS San Francisco Office: fellowships@jspsusa-sf.org or visit us at our website: http://www.jsps.go.jp/english/e-fellow/

 

JSPSサンフランシスコ研究連絡センターでは11月15日にカリフォルニア大学ロサンゼルス校で事業説明会を開催し、研究者、学生の方々にご参加いただきました。ご参加、ご協力誠にありがとうございました。

 

 

第19回在米大学職員研究会を開催しました

日時:2018年11月2日(金)10:30-17:00

場所:日本学術振興会(JSPS)サンフランシスコ研究連絡センター内会議室

本研究会は、米国に滞在する大学等職員のネットワーク形成支援、及び大学の国際化の進展に伴って職員に求められる能力向上の機会を提供することを目的としています。当日は、研修等にて米国滞在中の大学職員等計17名が参加しました。

講演会講師には、青島 宏一郎氏(サンフランシスコ州立大学 Assistant Director, International Student Services & Outreach, Office of International Programs)をお招きし、米国でのこれまでのご経験から、現在勤務されているサンフランシスコ州立大学での業務内容まで幅広くお話をいただきました。サンフランシスコ州立大学の事例紹介では、交換留学(短期~正規留学)・リクルートマーケティングについて、また職員の雇用形態に至るまで幅広く情報共有があり、参加者が米国大学での職員の業務について深く理解することができました。

また、業務内容だけでなく留学生アドバイザーにとって必要なスキルや、大学職員として学生たちとどのように向かい合うかという心構えについてもお話いただき、参加者が各自の業務に対する思いを振り返る機会となりました。

講演会後のグループワークでは、参加者各自の米国での研修経験の中で得た、具体的な気づきを基に日米の大学比較を行い、活発な議論が行われました。

JSPSサンフランシスコ研究連絡センターでは、今後も定期的に在米大学職員研究会を開催する予定です。

     

 

平成30年度 国際共同研究加速基金(帰国発展研究)の公募を開始しました

科学研究費助成事業(科研費)では、平成30年度国際共同研究加速基金(帰国発展研究)の公募を開始しました。

 

○国際共同研究加速基金(帰国発展研究)

本種目は、日本国外の研究機関に所属している科研費応募資格を持たない日本人研究者が日本に帰国後すぐに

研究を開始できるよう支援するものです。詳細な公募内容等については、下記ホームページで御確認ください。

URL  http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/35_kokusai/03_kikoku/koubo.html

※応募の際には、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)の研究者番号を取得している必要があります。

過去に研究者番号を取得していない場合は、研究者登録手続が必要となりますので、余裕を持って手続を行ってください。

 

【公募期間】

平成30年9月1日(土)~平成30年11月7日(水)午後4時30分

※電子申請システムは9月14日(金)から利用可能となる予定です。

 

【公募内容の概要】(詳細は公募要領の10頁以降を御参照ください)

・応募総額    5,000万円以下

・研究期間    3年以内

(研究期間は交付申請した年度から起算して3年目の年度末までとします。また、日本国内の研究機関に所属し

科研費の応募資格を取得した場合に平成32年4月30日までに交付申請を行うことができます。)

なお、交付申請後から経費を執行することができます。(採択以降、直ちに経費を執行することはできません。)

※採択研究課題は極めて厳選されたものとする予定です。<平成29年度採択実績:8件>

※今年度の公募から、優秀な若手研究者等、より幅広い層の研究者が応募できるよう、本種目の趣旨及び帰国後の条件について見直しを行っております。

見直しの詳細については、公募要領及び下記の科学技術・学術審議会における検討資料を参照してください。

【参考】科研費改革の当面の取組について

URL: http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/041/shiryo/1407822.htm

 

【本件問い合わせ先】 ※サンフランシスコ研究連絡センターでは、質問等をお受けできません。

独立行政法人日本学術振興会 研究事業部 研究助成企画課

電話 :+81-(0)3-3263-4927

メール:kksi-kaken*jsps.go.jp (海外からはできる限りメールでお願いします)

メールアドレスは「*」を「@」に変換してください。